電子系文書不思議な値段

新聞や本を買うときの、金額の一部には紙代とその本を運ぶ送料も含まれていると思って、買っていました。
特に新聞などは、通常の人が睡眠をしている朝4時ごろに、毎日定時で届けられるので、いつもお疲れ様ですと特に朝早く家を出なくてはいけない日などは、感謝をしつつ読んでいます。
ところが最近、新聞会社の方で推してくる、電子辞書ならぬ電子新聞。この方法ですとニュースがリアルタイムで読めるだとか、過去の新聞記事をすぐに検索できるだとかのメリットは多いらしいのですが、通常の紙新聞を頼んでいたら、デジタル版のプラスは1000円ほどで可能となっており、デジタル新聞のみの購読ですと、普段の新聞購入費とそれほど値段が変わらない価格設定になっていました。
新聞紙は、いざという時に使い道が色々ありますし(ペットを飼っていたらトイレシートの下に敷いたり、掃除に使ったり)何よりふと手軽に読めるのが嬉しいです。
もうちょっと安ければデジタルも考えるのに…、と思ってしまう価格設定、配達などの大変な部分が省けるのに、どうしてこのお値段なのでしょうか?

古銭買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です